日本企業の進出

日本の文化というと相撲や茶道等が挙げられます。
しかし、最近ではマンガ、ゲーム、アニメ等といった今までは文化としてカウントされていなかった物が
サブカルチャーの一つとして挙げられるようになりました。
それに伴って、京都や富士山といった日本を代表する観光名所が秋葉原等に推移しつつあります。

こういったサブカルチャーは日本だけではなく外国でも人気を集めています。
そして日本政府も外国からのサブカルチャーに対する人気の高さに注目して、
利益を生もうと対応したりしています。イベントの様子をテレビで放送し、
できるだけ多くの人の目にとまるようになっています。

サブカルチャーの中でも特にコスプレは外国で人気が高く、
日本発祥の文化として世界各地で広がりをみせています。
外国にも沢山のコスプレイヤーがいますが、彼らは日本へ来てコスチュームを購入したり、
インターネットを通じて個人的に輸入したりしています。
日本企業もコスプレ衣装の専門店を海外へ出店したりして、事業拡大を狙ったりしていますが、
独自に発展していったコスプレ文化を楽しむ人との調和がなかなか取れないようです。
そのため、日本政府が色々と対策を練っても利益を生むことに苦戦を強いられているようです。

確かにコスプレ専門店を外国へ出店すれば良いビジネスになるかもしれません。
多くの人が日本から輸入しているため、爆発的なヒットになる可能性もあります。
是非日本企業もこれに注目して世界進出して、
少しでも日本のコスプレ文化が世界に定着すると良いなと思います。